渡辺治建築都市設計事務所BLOG

owat.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 227 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

コルさん2

a0103999_21251242.jpg

事務所の食事に魚がのぼっているときは、コルはこのような感じです。
[PR]

by osamu-w | 2010-04-30 21:25 | Comments(0)
2010年 04月 30日

コルさん

a0103999_2114870.jpg

コルさんが横にきてなにやらうったえているのですが、ネコ言語がわからず。
[PR]

by osamu-w | 2010-04-30 21:01 | Comments(0)
2010年 04月 30日

円覚寺舎利殿

a0103999_20593047.jpg

a0103999_20593084.jpg

昨日行ってきた、円覚寺の舎利殿の屋根葺きかえの記事が新聞に掲載されていました。
この和菓子はいただいた岐阜のものらしいです。
[PR]

by osamu-w | 2010-04-30 20:59 | Comments(0)
2010年 04月 30日

ミケランジェロとイサムノグチ

a0103999_20514361.jpg

a0103999_20514345.jpg

先日言及した、ミケランジェロとイサムノグチがそれぞれ、25才頃に彫った、作品。
ミケランジェロは1475年3月に生まれ、ピエタ像を作る契約を1498年8月に結び、なんと次の年に完成させている。正確には23才で契約、24才で完成。それに対して運慶は1175年11月から造りはじめて、11か月かけ、翌年10月に完成させている。24才から25才にかけて作っている。
しかも運慶の方が320年もミケランジェロよりも古い。
そしてイサムノグチは1904年11月に生まれ、この写真は1926年なので、若干、22才の時。その早熟なことに現代人の私たちは感激してしまうのだけど、イサムノグチを除いて、かなり小さなときから親の仕事を手伝っていたので、今の高校生のころにはかなり技術を習得している。
それでもこの3人に匹敵するアーティストはそうそう生まれていないので、特別なのは確かだと思います。
[PR]

by osamu-w | 2010-04-30 20:51 | Comments(0)
2010年 04月 30日

日本木材防腐工業組合理事長賞?

a0103999_18393911.jpg

日本木材青壮年団体連合会の「第13回木材活用コンクール」に応募してあったのですが、ネットでみたらいつの間にか、受賞していました。「日本木材防腐工業組合理事長賞」という賞で、推した審査員の賞なのかもしれません。
シーラカンスという、知り合いがスタッフの事務所も入っていました。この事務所は建設ジャーナルでも、同じ号に掲載されていました。
こういった、コンクールの表彰式でしか会わない知り合いもいます。
[PR]

by osamu-w | 2010-04-30 18:39 | Comments(0)
2010年 04月 30日

運慶(うんけい)

a0103999_13143736.jpg

a0103999_13143775.jpg

a0103999_1314372.jpg

昨日、古本屋さんで見つけた本です。
大きな仏像をどう作っていたかわからなかったのですが、その謎解きがされています。
また運慶が25才で彫ったデビュー作も紹介されています。
ミケランジェロも同じ歳頃にバチカンに飾られているイエスを抱きかかえるマリアの「ピエタ像」を彫っています。また両者とも像にサインがされているという面白い共通点もあります。
イサムノグチが具象の裸体像を彫って有名になったのも同じ歳頃に彫られていました。
この3人は、間違いなく天性の彫刻家でありアーティストでした。

最初の作品は、運慶の四男の康勝の作品で、「空也上人立像」。口から出ているのは「南無阿弥陀仏」ということらしい。
現代の芸術作品としてみても、素晴らしいと思います。
[PR]

by osamu-w | 2010-04-30 13:14 | Comments(0)
2010年 04月 30日

野菜

a0103999_12133795.jpg

a0103999_12133793.jpg

a0103999_12133744.jpg

a0103999_12133713.jpg

a0103999_12133759.jpg

取材を怠っているうちに、発芽した芽は育っていました。
そろそろ植え替えねばなりません。
[PR]

by osamu-w | 2010-04-30 12:13 | Comments(0)
2010年 04月 29日

というわけで友人宅

a0103999_2147468.jpg

a0103999_2147499.jpg

a0103999_2147444.jpg

a0103999_214747.jpg

a0103999_2147496.jpg

ふと鎌倉に住んでいる友人の建築家のことを思い出して、連絡し訪問。
なんと山まで所有する中古の家に住んでいました!
奥様はフラワーデザイナー、ダンナはニューヨークの近代美術館を設計した谷口吉生事務所出身。この事務所は35才定年制。
[PR]

by osamu-w | 2010-04-29 21:47 | Comments(0)
2010年 04月 29日

墨壺

a0103999_20545999.jpg

a0103999_20545936.jpg

かつての大工さんはこのような墨壺を必ず持っていたのですが、いまは、木造の構造体はたいていコンピューターによるプレカットしているので、必要がなくなりました。
この墨壺は大工さんが自分で作っていました。
そしてこの木彫り。
なぜだれがこのようなポーズを彫るに至ったのか、まったく理解に苦しみます…といった具合に骨董品を眺めるとたのしめます。
[PR]

by osamu-w | 2010-04-29 20:54 | Comments(0)
2010年 04月 29日

古本屋さん

a0103999_1944273.jpg

a0103999_19442710.jpg

a0103999_1944278.jpg

a0103999_19442721.jpg

古本屋は魔物です。
だいたい有り金を全て使ってしまいます。
日本は捨てたもんじゃないなと思います。
でもいつも反応するのは明治時代のもの。
[PR]

by osamu-w | 2010-04-29 19:44 | Comments(0)